キャンプ料理 家で下ごしらえしたら楽な5選

キャンプ料理 家で下ごしらえしたら楽な5選

キャンプに行ってまずすることは、テントを張って、サイト作りです。そして、時間によっては夕食の準備に取り掛かったり、午前中入りだったら、お昼ごはんの準備をしたりしますね。

そんな時、家で出来る料理の下ごしらえをしてたら時短ができてキャンプライフが充実します。

キャンプ料理のおすすめ下ごしらえ

私が現在キャンプで作った料理の中から家で料理の下ごしらえをしていればキャンプ場での時短が出来る5選を選ばせて頂きました。

1.【キャンプ料理】そーめん下ごしらえ

そーめんは家で湯がいて、一口大にまとめてくるっとして1つ1つをタッパーに入れて持っていきます。

到着したら、水と氷をタッパーに入れて完成です。
忙しい準備の間に簡単に作れておすすめです。タッパーに茹でたそーめんをダバッて入れるとくっついてしますので、ここは下ごしらえで1つ1つまとめて入れるのをお忘れなく。

 

 

2.【キャンプ料理】ズッキーニとベーコンのはさみホイル焼きの下ごしらえ

これはまじで旨いキャンプ飯です。下ごしらえは簡単です。 厚切りベーコンとズッキーニを輪切りにして、交互にはさんでいきます。

それをホイルでくるむだけだんですが、その時一緒にプチトマトを入れるとより美味しいです。

 

あとは現地に着いたら、ホイルの中にクレイジーソルトとオリーブオイルをかけて焼くだけです。
5分~10分焼けば完成です。

 

 

3.【キャンプ料理】無印良品のナンとカレー下ごしらえ

無印良品のナンを作るセットでナンを家で下ごしらえ、こねて、丸めて、寝かす、これだけです。
キャンプ場に到着するころには発酵されてちょうどよいです。

焼き方なんですが、油をひかないフライパンにそっと乗せて焼いて下さい。 油引くと、ふっくら焼けないのと、食べるときに子供の手もベタベタになるので注意です。

カレーは何でもいいのですが、今は缶詰のカレーもあって器に入れなくていいので、そのまま網の上で温めながら食べれるのでおすすめですよ。

 

 

4.【キャンプ料理】タンドリーチキン下ごしらえ

ここにきてインド料理ばっかりなんですが、、好きなんです。
タンドリーチキンは私の中でBBQで結構定番になっていて前日に袋の中にタンドリーチキンの元を入れてよく揉んで、そのままジップロックに入れて、冷蔵庫で寝かすだけです。

当時にクーラーボックスに入れて持って行くだけです。冷蔵庫で寝かさずにそのまま冷凍すれば、冷凍庫から取り出して持って行くだけですので、作る時に多めに作って小分けにするのがおすすめですよ。

 

 

5.【キャンプ料理】冬のキャンプ以外でも人気のおでん下ごしらえ

キャンプ2泊3日のキャンプの二日目でもおすすめです。みんな大好きおでんです。昔はコンビニでも冬だけでしたが、今は年中売っているぐらいみんな好きなんです。しかも外で食べるおでんは最高です。

でも、キャンプ場で煮込むのって時間がかかるのでは?

ここも家での下ごしらえで解決です。大根はいったん冷凍します。そうすると繊維の細胞が崩れてすぐに浸みたおでんが完成です。 出汁も作って水筒に入れて準備完了です。

天ぷらとかはそのままでも食べれるので事前にカットしたりするだけ、意外と手間かからず作れちゃいます。

注)ジャガイモは冷凍すると毒素がでてしまうらしいので、皮むいて電子レンジでチンしてジップロックに入れて冷蔵保存です。

 

 

キャンプ料理 家で下ごしらえしたら楽な5選の感想

5選の中で一番美味しかったのはタンドリーチキンとカレーとナンのセットでした!
インド料理かい!

また、時短料理で空いた時間で子どもとキャッチボールや川で遊んだりする時間がぐーーんと出来ますので是非試して下さい。

 

↓↓Followお願いします

キャンプ・アウトドアカテゴリの最新記事