地震に備えていたい事

地震に備えていたい事

 

※kindelで0円です。kindelアプリを入れてダウンロードしてください

熊本の地震被災されている方は大変ですが、全国の支援の方は動いてます。

地震の復旧は長期になりますが、頑張ってください。

私は高校生の時に阪神・淡路大震災を経験しました。

当時は恐怖しかありませんでした。 揺れの怖さより、都市が崩れ、焼けてしまった状況を見てただただ大きな力で押しつぶされそうで怖かったです。

まだ若かったので、支援をどれぐらいしてくれたのかとかは恥ずかしながら全く感じませんでした。

避難している場所に長田の方は弁当が支給されたが、こちらはなんで、パン1個なんだ

と文句すら垂れていたことを思いだします。

しかし、今だから思います。

私の知らないところで支援してくださった方が大勢いるからこそ、神戸はここまで

復興出来たのだと思います。

今はそんな支援をしてくださった方に感謝しております。

今、私の義理の兄が熊本で阪神大震災に続き、2度目の被災をしております。

LINEで無事は確認を出来ましたが、救援物資が届くまで生きて行くことで大変だということです。

ようやくヤマト運輸が運送を再開していただけましたが、ドライバーさんもまだまだ

危険が多い中、命を懸けての配達だと思います。

義理の兄に今必要な物を聞くと、やはり 電気・水だそうです。

水の確保

水は飲み水も必要ですが、トイレを流したりするのにも欠かせないです。

神戸の震災の時から5年くらいはペットボトルに入れた水を冷蔵庫の野菜室に入れて

おりましたが、改めて備蓄の大切さを確認しました。

空のペットボトルに水を入れた賞味期限は短いですが、

ペットボトルの水の賞味期限は1年~5年ですのが、2年の賞味期限にしているメーカー

さんが多いと思います。

amazonで2年に1回 ペットボトルの水を購入して備蓄して置くことをお勧めします。

amazonおすすめ水を購入して備蓄する

[2CS] キリン アルカリイオンの水 (2L×6本)×2箱

[2CS] キリン アルカリイオンの水 (2L×6本)×2箱

参考価格: ¥ 2,981
価格: ¥ 2,200 (¥ 183 / 本) & 関東への配送料無料
OFF: ¥ 781 (26%)

キリンアルカリイオン水は賞味期限1年以上

参考価格: ¥ 2,772
価格: ¥ 1,870 (¥ 78 / 本) & 関東への配送料無料
OFF: ¥ 902 (33%)

クリスタルガイザーの賞味期限は2年です

 おすすめ!!

価格: ¥ 3,500 (¥ 146 / 1商品あたりの価格) + ¥ 428 関東への配送料

秩父湧水の賞味期限は5年です

秩父湧水を備蓄すれば5年は水の確保は出来ました。

次に必要なので電気です。 電気は携帯電話を充電するのに必要です

災害が発生した時に携帯の充電が100%の人ってどのくらいいるのでしょうか。

電気の確保

そして災害が発生した時に安否の確認でLINEやメールのやり取りが増えてすぐに充電が

なくなってしまうでしょう。

ソーラーチャージが出来る充電器を持っていると、いざという時に必ず重宝すると思います。

キャンパーの方なら知っていると思いますが、薪で充電が出来るストーブです。

20分の充電で約1時間通話が出来ます。

電気と言いますと、懐中電灯ですが、手元を光らし、避難するなら、私はランタンをお勧めします。

価格もお手頃で280ルーメンありますので、避難には最適だと思います。

参考価格: ¥ 5,265
価格: ¥ 2,463 通常配送無料
OFF: ¥ 2,802 (53%)

家族の安否確認

私は今、iphoneを使っているのですが、友達を探すアプリで位置情報を家族と共有しております。何かあった時に家族がどこにいるかすぐに把握できる為です。

しかし。充電がなければそれも出来ません。電気と水は本当に大切なものです。

エコノミークラス症候群を防ぐには

車で避難している方は多いと思いますが心配なのがエコノミークラス症候群です。

狭い空間や椅子に座った状態が長時間続くと足の静脈に血栓ができ、歩いたときに

肺に詰まって、呼吸困難や心停止を起こす怖い病気です。

初期症状

初期症状は片足の痺れ、むくみ、軽い痛みが伴う場合は初期症状のようです

その場合は病院に急いでいきましょう。

エコノミークラス症候群予防方法

よく言われているのが、水分補給です。 元々運動不足でストレスがある方は血がすでにドロドロの場合があります。そんな方は特に注意です よく水分を取ってください。

そして、第2の心臓とも言われるふくろはぎをよく揉むのも予防方法としておすすめです。これはタクシーの運転手さんが行っているようです。

朝だけ、夜だけではなく、1~2時間に1回はこまめな運動とふくろはぎのマッサージを

おすすめします。

そして、ストレスも大敵です。 避難中は精神的・肉体的にもギリギリの状態ですが、

周りの方と会話することもストレスの予防として大切です。

1日も早く熊本が復興出来ることを祈っております。

↓↓Followお願いします

防災カテゴリの最新記事