夜はお散歩!子供と一緒にカブトムシを見つけよう!

夜はお散歩!子供と一緒にカブトムシを見つけよう!

カブトムシ 虫取り

夜のお散歩で子どもとカブトムシを見つけてみる?!

夜はお散歩!子供と一緒にカブトムシを見つけよう!
最近その流行ぶりに拍車がかかっているアウトドア。

中でもキャンプは特に高い人気を獲得しています。自然を一日中たのしめるのが理由の一つでしょう。キャンプの夜は焚火や星の観察などをしている方が多いと思います。

どちらも素敵なアウトドアですが、それだけでは時間を持て余すかもしれません。

夏休みの自由研究のおすすめは散歩の虫取りです

夏休みの自由研究にカブトムシなんてどうですか? カブトムシなんて採れるだけで嬉しくて、子供にとってが良い思い出になります。そして家でカブトムシの飼い方を勉強してそれをまとめて自由研究。

 

お父さんと一緒に研究したりと、子どもとのコミュニケーションを取るのにも最適ですよ!

光に反応するカブトムシ

夏限定ですが、光におびき寄せられたカブトムシ達を発見できるかもしれません。それはきっとキャンプの思い出になるでしょう。

勿論、キャンプ以外のアウトドアでも条件がそろえば行うことができます。
カブトムシを探しに行く時はまず月の明るさを確認して下さい。

月が明るすぎると、カブトムシは森から出てきません。そしてキャンプ場がどんな森に囲まれているか確認しましょう。

キャンプ場の近くの山に針葉樹が多いとカブトムシはいない?

スギなどの針葉樹林が多くみられる山にカブトムシは住み着きません。また、近くに川があるとカブトムシがいる可能性がぐっと高まります。

カブトムシが好きな灯りはこれです。

次はカブトムシが寄ってくる灯りの探し方です。よく集まるのは街灯の下ですね。白い光の街灯をチェックしましょう。黄色い街灯にはあまり集まりません。

トイレの近くも狙い目です。光が強く、殆どの場合しろ色だからです。キャンプ場の事務所もいいポイントです。光は弱いですが、とぎめなく光が続いていますのでカブトムシを効率的に探すことができます。

カブトムシはライトの真下にいるとは限りません。光から少し離れている場合もあるので、付近を探してみましょう。例えば街灯と街灯の間ですね。

そこでカブトムシが歩いている姿をよく見ます。そういった暗いところにいるカブトムシに気づかず、誤って踏んでしまうことがあります。探すときは慎重に行動しましょう。

虫取りで子どもとの遊びを1つ追加する

虫捕りも立派なアウトドアです。お子様の思い出作りに、キャンプ場周辺を探索してみませんか?
遊びを宿題にすることで、子供は大人になっても仕事を楽しんですることができると思うのです。嫌なことを楽しんで出来る才能は子供の頃の親との関わり方だと思います。

 

↓↓Followお願いします

子育てカテゴリの最新記事