まずはキャンプをやってみよう。初心者家族の体験談

  • 2019年6月24日
  • 2019年6月20日
  • 雑談

a a a a

肩肘張らずに気軽にキャンプを始めよう!

我が家はセダンに乗っています。キャンプ場に止まっている車は大体がミニバンやSUVなどのアクティブで荷物が沢山乗りそうな車が多いですね。

我が家も主人がキャンプに興味を持つまでは「セダンではキャンプに行けない」と言っていました。

たまたまアウトドアのお店をのぞいてみたらテントが一つだけ特売になっていて急に主人の心にスイッチが入ってしまったらしく、その日のうちにテントを購入してしまいました。

セダンだからキャンプにはに工夫が必要なんです

突然主人の心に降って湧いたアウトドア熱。でも、セダンですので荷物を乗せるスペースが限られてしまいます。それで逆算の発想であらゆるキャンプ用品をコンパクトにして最小限のものだけを購入することにしました。

「キャンプ用」と決めつけず、普段の生活でも便利に使えるようなものだけを選びました。クーラーボックスもソフトで折りたためる物。バーベキューコンロは買わず、焚き火台で兼用出来るもの。

アウトドア専用にすると使う回数も限られてしまう

テントの中のマットも普通の寝具用のコンパクトにたためるマットレス。アウトドア専用にしてしまうと年に数回しかお目にかかれなくなるので、気軽に自宅の庭でもアウトドア気分を楽しめる最低限のものだけを買いました。

防災用品としてキャンプ、アウトドア用品を考える

私の住んでいるところは震災の被災地でもあったため、防災用品としても役立ってくれています。カセットコンロやランタンなどは持っているだけでも安心感が違います。
普段の日用品と、防災用品、アウトドア用品と分けずになんでも兼用にすれば本当に気軽にいつでも家族でアウトドアが楽しめます。

肩肘張らずに気軽にキャンプを始めよう!

キャンプはまずはやってみようで全然出来るんです。

おかげでセダンでも家族で快適にキャンプが楽しめています。キャンプ場で知り合ったご家族にも、「セダンでもキャンプできるんですねー」と言われました。子供が大きくなると一緒にお出かけもしてくれなくなりますが、家族でキャンプなら長く付き合ってくれそうですよ。

最新情報をチェックしよう!
>頑張ろう日本!

頑張ろう日本!

コロナウイルスが世界での大流行で、自粛生活でストレスいっぱい
キャンプもアウトドアも自粛ですが、ポジティブに考えてポジティブ前に進みましょう。
コロナの自粛のおかげで地球の温暖化はスピードを落とし、この自粛のおかげでしょうか?
最近、星空がきれいに見えますよ。
家族で少しドライブでもして星空を見てはどうでしょうか?

きっと星空に癒されること間違いないです。